完全に借金をなくせるという強力さを持った方法

自己破産は、その他の債務整理の方法と異なり完全に借金をなくせるという強力さを持った方法です。

そうは言っても、申立をした人が誰でもできるとは言えず、裁判所からの免責許可が下りることが必要です。

申立を行ってから免責可否が告げられるまでの免責期間は、申立を行った当人の財産の有る無し次第です。

無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る場合では管財事件として財産を債権者たちに分配していくので、1年かかることもありえます。

 

賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、債務整理をしているからと言って審査に余波が及ぶことはありません。

信用情報機関に記録されている事故情報は金融会社のためのもので、それを参照する権利を不動産会社は持っていないのです。

そのため、債務整理を行っているから引っ越しに不都合が生じるということはありません。

けれども、自己破産の申立を行った上でその免責が下りていない期間中は、裁判所が許可した場合のみしか引っ越しができないため心に留めておくことです。

 

昔は出資法に依拠して、利息制限法を凌ぐ利率での貸付が頻繁に見られました。

利率が利息制限法の上限から出資法の上限に収まっている貸付はグレーゾーン金利と呼ばれます。

今現在は利息制限法の上限を上回る金利は法に背いていることになります。

したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。

これがすなわち過払い金請求です。

 

任意整理によって債務整理をする時は、債権者が交渉に応じないというケースもありえます。

司法の手が入らない任意整理は、債務者と債権者が直に交渉をして返済額や期間を決め、返済がされていく方法です。

関与する司法がないという事は、債権者は法的に交渉の席に着く義務は無いという事と同等です。

すなわち、例えば返済歴がない等、誰が見ても債権者が不利と思われる状況では折り合いがつかない事もあるでしょう。

 

現段階で存在している利息と将来利息をつけずに元金のみを返済していく方法が、任意整理という債務整理の手段の一つになります。

債権者と協議した結果、着地点が見つかれば、利息がない分、支払総額を減らすことができ、各月の返済額を減ずることができます。

もし元金も減額してもらわないと返済は無理だという時は、個人再生と呼ばれる他の方法による事になるでしょう。

 

一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには何種かの方法が考えられます。

元金は減額されなくても延滞損害金や利息の免除で足りるのか、それとも元金の減額が必要なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。

どんな状況なのかによって方法もどれを選ぶべきか変わってきます。

単独で手続きすることもできなくはありませんが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士といった専門家にアドバイスを受けるといいでしょう。

 

債務整理を一度したことのある人がさらに債務整理をしたい場合、どうやって最初の債務整理を行ったかにより手続きに差があります。

まず、個人再生と自己破産のどちらかを行った人なら、以降7年間は二度目の債務整理は行えません。

一方、任意整理であれば期間は制限されません。

債務整理が二回目となると一回目よりも基本的に認めてもらうのが難しいですし、二回目の自己破産ならば尚のこと極めてハードだと言っていいでしょう。

 

毎月の借金返済がどうしようもなくなり、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方が第一の問題は担当をどこの弁護士あるいは司法書士にお願いするかです。

基本的に弁護士事務所では無料の初回相談を用意しています。

この無料相談を通して、その担当者は信用のおける相手かはっきりさせることが出来るはずです。

なお、法律上の問題で悩んでいる人をサポートする公的機関の法テラスでも無料で相談に乗ってもらえます。

 

中には、常日頃からつい借金をしてしまっていて、何回まで債務整理をすることができるのだろうと疑問を抱いている人もいるかもしれません。

一般的には何回でもしてOKです。

ただ、債務整理の経験がある人が改めて債務整理を希望するとなると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかもしれません。

債務整理を軽はずみに行おうとするのは控えるべきでしょう。

 

債務整理をするにあたっては、もう債権者に全て支払ったという借金の払った利息が不要に多ければ返還を請求してもよい「過払い金返還請求」という手があります。

あらかじめこの返還請求をする場合は当時の借入金額が分かる取引履歴の記載された書類が不可欠です。

これまでの取引履歴を確認することにより、適正な利息を算定することができるので、過払いになっていた利息を手元に戻せるはずです。

参考サイト:自己破産の無料相談ができる弁護士事務所が見つかります
URL:http://www.lawyersofcolorinc.com/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ