30代独身男性に50万円を融資

「貸し倒れが出るのは最初から計算の上なんですよ。会社はそれを見越した上で金利を設定していますから。100人の客がいて2、3人コゲツキが出ても、まあくれてやるかって感じですよ」

そう語るのは某大手サラ金に務める男性。

勤務先は都内の支店、仕事は回収がメインだが、手が空けば接客、融資などにも手を貸す。

 

彼によれば貸し倒れの内訳は弁護士の介入による自己破産や任意整理が半分、残り半分が行方不明、支払い拒否、本人死亡などの理由によるものらしい。

「弁護士が入ったり、本人が死んだりした場合は仕方ないって思えるんですけど、頭に来るのは突然消えられるのと、どう言っても返さないって突っ張る客ですね」と語る。

 

彼が以前、融資した客で、某中堅コンピュータ会社に勤める30代の独身男性がいた。

希望の融資額は50万円でその男性の年収は600万円だったという。

 

個人情報を調べてみると、過去に数件、他社から借り入れがあるものの、すでに完済しており現在の借入額もなし。

運転免許証を提示され、会社に在籍確認も取れた。

ただ、実家の連絡先だけは記入しなかったという。

 

「独身で一人暮らしの場合は、たいてい申込用紙に書いてもらうんですけど、ちょっと勘弁してほしいと言われて。他に不審な所もなかったし、それなら大丈夫ですよと希望通り50万円を融資したんです」

 

最初の2ヵ月は遅れることなく入金があったのだが、3ヵ月目の支払日に突然入金がストップした。

彼は督促の為、すぐに顧客の家に電話を入れたそうだが、呼び出し音がなるだけで誰も出ない。

不思議に思って、すぐに勤務会社に連絡してみると、返ってきた答えは「○○は、先月末で退社しましたが」というもので、次の勤め先については特に聞いていないという。

借金整理 相談 弁護士
参考URL:http://www.consommerautrement.biz/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ