地肌のマッサージは補助的な影響が大きい

投薬治療や外科的処置とは区別して考えるべきですが、男性型脱毛症の治療をしている人には地肌のマッサージは補助的な影響が大きいため、推奨されています。

継続的にマッサージをすると頭髪の成長土台である頭皮の状態が良くなるので、医師による治療との相乗効果で良い結果を出しやすくなるからです。

マッサージで地肌をケアすると血液の循環が良くなり、脱毛や肌トラブルを招く角栓を生じにくくし、古い代謝物がとれやすくなるため、匂いや抜け毛の発生を防ぎます。

AGAの検査も治療も保険適用外ですので、10割負担で購入することになります。

昔からそうですが今でもAGAの治療は審美歯科や美容整形と同等に扱われていて、治療を必ずしも必要としないという考え方が根底にあります。

少しでも節約したければ、ジェネリック薬が出ていればそれを利用する、家族や自分のほかの医療費と合わせて確定申告の医療費控除として申告する等のやり方が挙げられます。

男性型脱毛症の特徴のひとつには進行性というのも挙げられている位ですから、放置すればその症状は止まることがありません。

仮に症状が進んだところで、その度合いに応じて治療していきますから、遅すぎるということにはなりません。

とはいえ若いうちに治療を開始するほうが相対的に良い効果が得られやすいと言われますし、気になり始めたら専門家に早めに診てもらうと良いでしょう。

抜け毛が多いからといって、簡単にAGAだと即断してはいけません。

しばしば相談されるものとしては、一時的に、だいたい季節が変わる頃に毛髪が抜けやすいというのは普遍的なことであってAGAではありません。

一般に暑さが一段落する9月から10月頃に抜け毛が増えたと言う相談が増えます。

それに大人の場合は、季節性のものとは無関係に生え変わるので、少ない人でも一日に数十、多ければ100から200本もの髪が抜けています。

日本における成人男子の薄毛の9割はAGAですが、もちろんそれ以外の脱毛症も複数存在します。

身近な例では硬貨ほどの大きさにポツンと毛が抜ける円形脱毛症でしょう。

免疫疾患や精神的なストレスなどから起こりやすいようです。

ストレスと髪の関係といえば、毛髪も地肌も正常なのに自分の手で無意識に毛を抜いたり、地肌を掻いて抜け毛を発生させる抜毛症という症例が最たるものでしょう。

爪を噛む癖と同様、精神的なものです。

AGAの治療薬を病院で処方してもらうのではなく、それより安く薬を入手したければ、海外の業者から自分で直接購入するという方法もないわけではありません。

送料はかかるものの、病院の処方箋代や診察費もかからないため、比較的安価に購入できるという利点があります。

しかし語学的障壁があって海外とやりとりするのは不安というのであれば、手続きを代行してくれる業者が少なくありませんし、それらを使うのもありでしょう。

進行性の脱毛である男性型脱毛症(AGA)の症状が発現するきっかけには男性ホルモンの関与が以前から指摘されています。

ありふれたテストステロンという雄性ホルモンが身体の皮脂腺で合成される酵素による代謝で別のDHT(ジヒドロテストステロン)になることで髪の成長が抑制されることがわかってきました。

問題の酵素がどのくらいあるかは、個人差というよりも遺伝的な差異があるので、冗談で「うちはハゲの家系で」などと言うのは俗説ではなく本当だったということになります。

同じお金をかけるなら手っ取り早く効果が出るほうが良いけれども、植毛という行為には踏み切れずにいるAGAの患者さんにしばしばお薦めする治療方法は、外科的なメソセラピーが挙げられます。

髪の発育に欠かせない成分を毛根に注入して薄毛を解消するというやりかたです。

針を使用するほうが価格は安いですが、レーザー、無痛などと言われる針なしの治療方法もあり、希望によってこの2方式を組み合わせて施術することもあれば、プロペシアの内服を併用することもできます。

男性型脱毛症(AGA)の治療には公的な医療保険が適用されず、治療にも長い時間を要するため、医療費もまとまると結構な額になります。

よく使われている薬のうちプロペシアでしたら複数の会社からジェネリック薬が出ているので、高価な先発医薬品から切り替えて使用すればかなりの節約になります。

海外ではジェネリックが以前からいろいろ販売されていましたが、2015年から現在までの間に国内ではファイザーやサワイのフィナステリド錠が後発医薬品として売られるようになりました。

将来的には値下げを期待したいところです。

パーマをかけたり髪の毛を染める行為がAGAの発症そのものに影響を与えるという考え方は間違いです。

髪や頭皮が傷んでAGAを発症するのではなく、テストステロンより強いジヒドロテストステロンという男性ホルモンが原因だからです。

ただし、いくら「髪に優しい」を謳っているパーマやヘアカラーでもまったく負担にならないかといったらそうではないので、それ自体が脱毛・薄毛の要因となることはあるでしょう。

負荷を少しでも減らせるように、美容師に相談したり、自分でヘアカラーを使って染めるなら薬液残りのないよう丁寧に洗うといった配慮が大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ