子供の頃にお母さんが作ってくれたカルピス

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといった病気に感染し、発熱を起こした後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状が出るのがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復の後に後遺症が残るケースもございます。

乳酸菌と言って考えられるのはカルピスと言えるでしょう。

子供のころから、毎日楽しんでいました。

なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

そのために、私は便秘を経験したことがありません。

もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげで丈夫な体になりました。

夜中に高い熱が出て、40℃ほどまで上がって健康を害したので、翌日通院しました。

先生はインフルエンザかどうか調べられますよとすすめられました。

私も、残念ながら、インフルエンザだったら、効果のあるお薬を処方してもらえるので、調べたいと念じました。

昔から便秘のツボで知れ渡っているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところに存在する天枢(てんすう)です。

後、へそ下5cmくらいの場所にあるふっけつというツボも良いと思います。

手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。

便秘のパターンによっても、効果的なツボは違うので、自身に適したツボを押すと改善につながるでしょう。

私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。

ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、気にしながら様子を伺っていましたが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、一向に回復した、という状態までいきませんでした。

そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃、アトピーに悩まされることもなくなりました。

先天性のアトピー性皮膚炎を抱えており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、痛ましい見た目でした。

様々な治療法をやっても、効果を全く感じなかったのに、家を住み替えたところ、あっという間に肌がきれいになり、痒みもなくなりました。

思いきりよく環境を変えるのも、アトピー治療にいい結果を生むかもしれません。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として高く興味を持たれています。

事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、腸内環境を良くしてくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方ともお腹の機能増進や健康の維持にはなくてはならない成分であるといえます。

乳酸菌を体内にに入れると様々な良い結果がもたらされます。

まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、腸内の環境を良くします。

結果、免疫力が上がり、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。

アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、インフルエンザなどの感染症予防に対する効果もあります。

乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いと言われています。

ここのところ、乳酸菌がアトピーに効くことが解明されてきました。

実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって原因となることもあります。

多数のアトピー患者は腸の状態がよくないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることが完治するための方法となるわkです。

アトピーを改善すると噂されている入浴剤をサンプルで受け取りました。

どんな商品でもそうですが、少しだけ使ってみないと効果が分からないものです。

その入浴剤は皮膚によく馴染んで、良い印象を持ちました。

違和感を感じる事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、潤いをよく保ちます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ