葉酸が豊富な食材だけを毎日食べるのは普通の人には耐えがたいこと

栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。

どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が盛んに使われるためです。

葉酸が豊富に含まれる食材は何か全く見当がつかない、大体知っているが十分な量を摂れないといった問題があるならば、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。

お腹の赤ちゃんがすこやかに育つように積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材としてレバーや枝豆など、いろいろありますが、いくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、葉酸が豊富な食材だけを毎日食べるのは、普通の人には耐えがたいことでしょう。

誰にでもできる葉酸の摂取方法として、スムージーはおすすめできます。

ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他にりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。

水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いためサプリメントなども飲んでいった方が良いのです。

市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、葉酸が減らないよう、加熱処理されていない製品にすることが必要だと言えます。

摂ったものが自分の身体を作るわけですから、天然由来のものを原料にしていること、必要のない添加物がないことという安全面もよくチェックしてください。

葉酸の所要量は、妊娠中の女性の場合、妊娠していない人より多くなり、倍近くの量である480μgを毎日摂取すると理想的だとされます。

栄養素としての葉酸は、水溶性で体内に蓄積しにくいのですが摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。

葉酸の過剰摂取が引き起こす問題として身体症状である発熱やかゆみなどを引き起こす可能性があるので、サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。

食品の中でも、葉酸を強化したものには特定保健用食品であることをマークで示しています。

このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して時間をかけて個々に審査し、認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。

食品のどこかに特定保健用食品のマークがついていれば一定の基準を満たし、認可を得ているという明らかな証明がされているため、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも一つの判断材料にしてほしいものです。

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が増えているようです。

頭に入れておいて欲しいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

葉酸という名から考えても、葉物野菜を食べれば摂れる栄養素です。

果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、たまたま夏に妊娠が判明し、マンゴーが安かったのでドクターにもおすすめだと言われて、よく食べました。

食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。

ビタミンB群として、葉酸は水溶性なので水に溶けやすい特長があります。

しかも、熱に弱いビタミンなので調理の時、水の中で長時間加熱すると栄養素が半減することも考えられます。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのはそうそうできるものではありません。

そう考えていくと、調理する上でゆでる時間を最小限にするなど工夫をこらしていくのが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。

どうしても女の子が欲しかったので、本やサイトで男女産み分け法をよく見て研究しました。

草食で女の子、肉食で男の子など、どこまで本当かと言いたくなりますが、がんばってできることを全て実践しました。

何とか赤ちゃんを授かって、ひどいつわりに悩まされたときも葉酸の摂取だけは続けていたおかげか待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。

全ての妊婦から見て、とても重要な栄養素の一つが葉酸です。

食材の中では、葉物などの野菜に葉酸が豊かに含まれるとされ、食材の中で特に多いのは枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。

ことにほうれん草は葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含む食材として有名なので野菜の中でも、おすすめできるものです。

ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。

生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく活発に細胞分裂を行いながら急激な発達を遂げます。

そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。

加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、妊娠を望んだときから、断乳するまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ