買手がつかなければ仲介業者との契約は3ヶ月で終了

居宅を売却する流れというと、不動産会社をいくつか選び、査定、売値を決定し、媒介契約を交わし、販促スタート、買い主が現れ金額等の話がついて、業者立ち会いの下で売買契約をして、引渡しと代金の精算を行い、売買が終わります。

期間はどの位かかるのかは、売り値によって買手のつき方も違うので一概には言えません。

買手がつかなければ仲介業者との契約は3ヶ月で終了しますから、もう一回仲介契約して約6ヶ月というところでしょう。

もし家が売れたら大金が入ります。

その場合、税金の支払いはどうなるのでしょう。

売れた金額次第でかかる場合もあれば、かからない場合もあります。

購入時の価額より高い値で売れた際は所得税の課税対象となり、反対に購入時より安値になってしまったら所得税は不要です。

仮に大きな差益が出たとしても、物件売却による譲渡所得が3000万円以内なら確定申告をすれば課税対象にならないため、所得税を納めなくて済むのです。

住民税にも関わるので覚えておいてください。

一般に家を売却する際にかかる費用は、仲介業者への手数料や登記費用(主に抵当権抹消)、あとは印紙代がかかりますが、これは数万円以内で収まるでしょう。

日常とは比べ物にならないくらい高額なのが不動産取引ですから、仲介手数料も大きな出費でしょう。

それなら専門家に依頼せず、自分で一切の手続きをすれば手数料分がまるまる浮くわけですが、責任問題が生じる危険もありますし、手間暇もかかりますから、信頼できるプロに依頼する方が良いでしょう。

来客を迎える心構えとでもいうのでしょうか。

人が使用していた家というものを売る際に大事なのは、突然これから内覧したいという人が現れても慌てないために、日頃から準備を怠らないことです。

内覧を申し込む人というのは、関心があるからこそ来るのですから、じっくり見たときのマイナス評価が多ければ、買う気持ちが萎えてしまうでしょう。

そういうわけで、玄関を含むお家の清掃は頻繁かつ丁寧に行っておいた方が良いです。

住宅を売却する際、仲介業者の手を借りずに個人対個人で済ませることも不可能とは言いませんが、税金や法律、登記などさまざまな知識もなく取り引きするわけですから、あとでトラブルに発展した際に対処しきれないかもしれません。

土地建物などの売買ではあらかじめ物件を調査した上、事細かな条項を盛り込んだ契約内容とするのが基本ですし、わずかな不備があっただけでも金銭面や法律上のトラブルに巻き込まれることがあります。

知識のある専門業者に委ねるのが最良の方法でしょう。

あとになって良い取引だったと思えるように、建物や土地などの不動産を売る際には心がけておきたいことがあります。

その手始めが、該当物件のだいたいの相場というものを把握して、複数の不動産業者から見積りをとるのです。

何にでも言えることですが相場に対して全くの無知では、査定額が妥当なのか、なぜその価格になるのかの基準がないからです。

相場を知っていたからといって業者に敬遠されることはないですし、最初の一歩は相場を知ることと心得てください。

住宅を売る際に権利書がもし見つからないときは、家は売れないと言われますが、本当でしょうか。

権利書、権利証、登記済証の類がない場合は、長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに原則として書類の再発行も応じてくれません。

それを可能にする方法はありますが、少し手間です。

不動産の名義人の本人確認情報を司法書士に作成してもらうのです。

共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。

時間がかかるのもさることながら、費用も数万からかかりますので、権利証は失くさないよう注意してください。

築30年近い建物を売りたいと思っても、年月が邪魔をして途端に買い手がつきにくくなります。

目につきやすい部分をリフォームするなど、売れる要件づくりに努めたほうが売却はスムースです。

また立地にもよるのですが、住宅を取り壊して土地のみで売り出すと売りやすいとも言われています。

買い手がいないのに解体費を払うのが不安であれば、通常の家と土地の価格より安価な価格設定をすることで、買主側はリフォームなり建て替えるなり選ぶことができます。

太陽光発電システムを導入している家を売却する場合、ソーラーパネルをどうするべきなのでしょうか。

端的にいえば設備であって家本体ではないのですから、転居先へ移すことも可能です。

ただ、撤去と設置には費用がかかりますから、置いていく人のほうが多いようです。

設置で助成金を受けている場合は、手放す際も面倒な手続きを踏まなければいけませんが、移転先に適当な設置場所がない場合もありますし、心残りでも家と共に残していくほかありません。

家を売却する流れというと、次のようなステップになります。

まずは相場をベースに家の販売価格の見当をつけます。

意思が固まったら、信頼できそうな不動産会社を見つけます。

査定は一社ではなく、相見積もりをとって比較すると良いでしょう。

納得のいく見積り内容でしたら、媒介契約に進みます。

契約後はプロモーションが行われます。

めでたく買い手がつくと価格交渉や諸条件等の確認を行います。

折り合いがついたところで売買契約となり、最後は代金の支払いと物件の引渡しで終わります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ